バナー 地震対策グッズは
コチラをご覧下さい

全損・半損・一部損とは


建物 そんなとき、全損から一部損まで補償します。
全損 半損 一部損
「全損」とは
建物 地震等により損害を受け、主要構造部(土台・柱・壁・屋根等)の損害の額が、その建物の時価の50%以上となった場合。または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の70%以上となった場合。
地震等を原因とする地すべり、その他の災害による現実かつ急迫した危険が生じたため、建物全体が居住不能(一時的な場合を除きます)に至ったときは、これをその建物の全損とみなします。
「半損」とは
建物 地震等により損害を受け、主要構造部(左記に同じ)の損害の額が、その建物の時価の20%以上50%未満となった場合。または焼失もしくは流失した部分の床面積が、その建物の延床面積の20%以上70%未満となった場合。
「一部損」とは
建物 地震等により損害を受け、主要構造部(左記に同じ)の損害の額が、その建物の時価の3%以上20%未満となった場合。
地震等を原因とする水災によって建物が床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を受け損害が生じた場合で、その建物が全損または半損に至らないときは、その建物を一部損とみなします。〈床上浸水とは、居住の用に供する部分の床(畳敷または板張等のものをいい、土間、たたきの類を除きます)を超える浸水をいいます〉

家財 地震等により損害を受け、損害の額がその家財の時価の80%以上となった場合。
家財 地震等により損害を受け、損害の額がその家財の時価の30%以上80%未満となった場合。
家財 地震等により損害を受け、損害の額がその家財の時価の10%以上30%未満となった場合。

損害を受けた建物を原状回復するための地盤等の復旧に直接必要とされる最小限の費用は主要構造部の損害の額に含めるものとします。
保険金をお支払いできない場合
建物・家財が地震等により損害を受けても、地震等が発生した日から10日を経過した後に生じた損害や、保険の目的(保険をつけた物)の紛失・盗難の場合には保険金をお支払いできません。




お気軽にお問合せください   どんなことでもお問い合わせいただいて結構です。
こちらの問合せフォームにご記入の上「送信」ボタンを押してください。
また、お問い合わせフォームではなくお電話・FAX・Eメール等どんな方法でも結構です。
お問い合わせいただいた瞬間にお金が発生することはありません。お気軽にご相談下さい!


セーフティ
〒285−0854
千葉県佐倉市上座555−22
TEL:043−462−7836
FAX:043−462−7754
E-mail:jisin@ohendan.net

(お気軽にメールを下さい)
http://jisin.ohendan.net


■地震保険都道府県別等地

1等地 北海道、福島県、島根県、岡山県、広島県、山口県、香川県、福岡県、佐賀県、
鹿児島県、沖縄県
2等地 青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、
富山県、石川県、山梨県、鳥取県、愛媛県、徳島県、高知県、長崎県、熊本県、
大分県、宮城県
3等地 埼玉県、千葉県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、
大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
4等地 東京都、神奈川県、静岡県